FC2ブログ

コブの始まり。。。

スキー
04 /01 2018
本日は、予定していたツアーが中止となってしまったため、
予定を変更してゲレンデ内でのレッスンとなりました。

そこで、私も一緒に練習〜〜〜


いよいよ、神楽の春シーズンが始まりますね〜〜〜


かぐらスキー場には、すでにコブ好きが集まっております。
というか、シーズン通して集結しているのでしょう・・・


最近多く見かける、溝コブが何本も並んだコブ斜面。
日本特有の景色です。

以前はこんなコブ斜面ではなく、
様々なスキーヤーが様々な滑り方で滑った結果、
とっても綺麗な丸いコブが、ゲレンデ全面に縦横無尽に、まるでアートのように出来上がっていたのですが、、、、、
オーストリアなどのヨーロッパでは、今でもそのようなコブ斜面が出来上がっています。

日本のスキー場にこんなコブ斜面が出来上がり始めてから、もう何年も経ってるいるので、
溝コブが並んだものがコブ斜面だと思っている人も多いのでしょうね・・・・・

いろんな考え方があるので、今日は細かいことは書きませんが、
最近出来上がる(というか作成している)溝コブは、
上から下までほとんど同じリズムで、左右への移動はなく真下にターンを繰り返します。


単純に考えて、

上から下まで同じリズム同じ方向に滑って楽しいのだろうか・・・・・
と思ってしまいます。

コブの醍醐味とは、
出来上がった様々なコブの大きさや形、
そうして出来上がる溝の方向は様々な方向へ変化し、
スキーヤーそれぞれが好きなようにコブを選んで滑り、
そのリズム変化で技術の良し悪しが出る、
という、とても面白いものでした。


最近見かける、一方向への溝コブ。
これは練習するために作り始めたのがきっかけだと思いますが、
それが終着点になってしまっているのがちょっと悲しいですね。。。

コブはもっと楽しく、もっと技術の可能性があるのに。。。


と、最近のコブ斜面を見て思う、私のボヤキでした。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Fumi Hase

職業:スキー教師
スクール名:GENIESS NATUR