練習&撮影。

スキー
03 /18 2018
本日は、
レッスンにご参加のhase班の皆さんにくっついて行き、
スクールプロモーションビデオ用の撮影、そして自分の練習、そして自分の滑りの撮影をしてきました〜


私たちが作った溝コブは、横滑りの動きではなかなか滑れない溝コブなので、
他のスキーヤーがなかなか滑らないため、それほど深くは彫れないのですが、
正確な動きを練習するには、とても良い溝コブです。

IMG_8606.jpg


一般のスキーヤーはあまり滑りませんが、
子供達が楽しそうに滑っています〜〜〜

それが何を意味しているのか・・・
自然な動きが一番良いということです・・・


彫れが深くないので、切り替え時に脚が曲げられる動きも少なくなります。
よく、コブとコブの間の切り替えのタイミングで、自ら脚を曲げる(よく言う吸収動作)と言いますが、
ターン時に抵抗を受けていれば「曲げる」というよりも「曲げられる」という表現の方が正しいですね。
そしてその量は、その前の段階で得た抵抗の大きさによって量が変わるのですよ〜〜〜。


自分で言うのもなんなのですが、
私も年々上達しているな〜〜〜笑


ということで、たまには自分のビデオを見て、上達に励みます。

IMG_8612.jpg

IMG_8614.jpg







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Fumi Hase

職業:スキー教師
スクール名:GENIESS NATUR