フォーム。

スキーのお話
03 /17 2018
残念ながら、この週末はレッスンネタがありません・・・
ので、技術ネタでいきましょう〜〜〜

よく、上体の形についてアドバイスや評価をすることがありますが、
上体の形(フォーム)は、動きに対する結果です。

例えば、上体がブレる、手が引ける、被りすぎる、安定しない、等々・・・

上体がブレるから体に力を入れる、とか、
手が引けるから前に出す、とか、
被りすぎるから体を起こす、とか、、、

そのようなリカバリー操作では、根本的なものは直らず、
結果、上達にはつながりません。

なぜなら、上体の形は、様々な原因によって出来上がるので
その原因を直さなければ、結果として現れるフォームを変え、上達につなげることはできません。

例えば、
手が引けるのは、体の使い方が手が引けるような使い方だからなので、その使い方を直さなければ手が引けるという現象は直らないのです。

よく、小回りやコブは、上体が常に真下に向いている方が良い、と言いますが、
小回りでもコブでも、滑っている弧の深さで上体の向きは変わっていきます。
弧が深ければ、スキーの方向が大きく変わるので上体は大回り(ロングターン)のように左右に向きが変わりますし、
浅く細かい弧になればスキーの向きがあまり変わらないので、結果、常に真下を向いているように見えます。

アルペンスキー(競技スキー)のスラロームを見たことがある方はわかると思いますが、
スラロームの競技でも、
オープンゲートなどでポールの振り幅が大きければ(ターンの弧が深くなる)、上体は左右に向きを変えながらターンしますし、
ストレートなど振り幅が小さいセットの場所は体が下に向きやすくなります。


これは小回りやコブでも同じです。
浅く滑れば上体は下に向きますし、
深く滑れば多少左右に向きが変わります。

ターンの弧が深いのに、一生懸命体を下に向けようと頑張っていませんか?

その結果、スキーの動きを妨げてしまい、推進力と抵抗を利用したターンはできなくなってしまうのです。


そんなわけで、動きとフォームの関係にまつわるお話でした。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Fumi Hase

職業:スキー教師
スクール名:GENIESS NATUR