オフトレの紹介。

トレーニング
06 /06 2018
今日はトレーニングネタです。。。
トレーニングネタはあんまり面白くないので・・・笑、
書かないようにしているのですが、それしかないので久しぶりに。。。

IMG_9043.jpg


最近、ようやくロードに出て走り始めました。

シーズン中、越後湯沢は雪や融雪の水で道路は走れないので、
もっぱら室内にてランニングマシーンを利用してランニング。
GW明けくらいから外でのランニングを始めました(もうとっくに雪消えてますけどね・・・笑)。

最初はグラウンド(町の施設)の周りの散歩道をひたすらグルグル、グルグル・・・1時間。

いきなりロードに出るとちょっとした起伏で心拍数が乱れるので、
なるべく真っ平らな場所を走って、心拍数を安定させるのがポイント。
特に湯沢は、常に上りか下りですから・・・

最近ようやく、グラウンドから外に出ました〜〜〜

やっぱり、同じところをグルグル回るより、
景色が変わる方が走りやすい!!!


有酸素運動は全てのスポーツの基礎となりますので、
皆さん是非、トレーニングに取り入れてくださいね〜〜〜

膝や腰が悪い人は、自転車やウォーキング(早歩き)でもOKですよ!!

有酸素運動は、心拍数のコントロールの仕方により、
持久力を高めるためのトレーニング、
体に溜まった乳酸を取り除き疲れを取るためのトレーニング、
脂肪を燃焼するためのトレーニング、
など、様々なトレーニング方法があります。

目的に合わない心拍数でトレーニングしてしまうと、
残念ながら、思ったような効果が期待できないのです。。。


話はそれますが、
アルペンスキーのトップ選手は、回転競技や大回転競技のように2本の合計を争う種目の時、
1本目と2本目の間のわずかな時間に、室内トレーニング用の自転車マシーンを漕いで乳酸を取る、
ということをしているようです。。。


話は戻りますが、、、

私の場合は、シーズン中はレッスンが続くので、疲れを取るのが目的。
それほど心拍数を上げずに、乳酸を取るためのトレーニングを行います。

5月くらいになったら、レッスンがお休みの日も増えてくるので、少し体力アップを目指すためのトレーニングを始めていきます。

数年前からトレーニングのモチベーションを上げるために、湯沢で行われるコスモスマラソン(ハーフ)にエントリーしていま〜〜〜す!

ランニングの後は、スキーをするときに使う動きの動作確認を兼ねたトレーニングをして、
体のコンディションを整えて終了。


ランニングをしない日は、クライミング(ボルダリング)を利用しての筋トレですね。

クライミング(ボルダリング)がすごく好きなわけではないのですが、
これもスキーのためだと思うと、楽しみながらトレーニングできるスポーツです。


私はアスリートではないので、
トレーニングジムなどでのマシーンやフィリーウェイトを使った筋トレは、
最近は全くしません。。。
一歩間違えると怪我のリスクもありますし、
スキーに使える筋肉を鍛えるには、柔軟な筋肉を作らなければいけないので・・・
最近耳にすることが多くなった「初動負荷トレーニング」ができるトレーニングジムなども良いのではないでしょうか〜〜〜
残念ながら越後湯沢の近くには施設がないので、私はまだ未経験ですが・・・


というわけで、私のオフトレのご紹介でした〜〜〜



スポンサーサイト

Fumi Hase

職業:スキー教師
スクール名:GENIESS NATUR