FC2ブログ

トイレのお話。

オーストリア
12 /17 2016
オーストリアから帰国して、もう1週間以上経ちましたが、
若干オーストリアのお話です。

最近日本では、当たり前のようにウォッシュレットトイレ、そして便座にはヒーター。

ウォッシュレットは、まあ好き好き・・・ということで置いといて、
私が話題にしたいのは便座ヒーターです。

昔は無くてもそれが当たり前だった便座ヒーターは、今となっては無くてはならないもです。
便座に座って冷やっとするのは本当に苦痛ですし、心臓に悪そう・・・笑

ヒーターがあれば、便座にカバーをしなくても済むので、すぐに掃除できるし衛生面でもいい気がします。


ただ、この便座ヒーター、
オーストリアに行くと全く存在しません。(私の知る限りでは・・・)

便座ヒーターの暖かさに慣れてしまっている私ですが、
なぜかオーストリアでは、ヒーターがなくても特に何も気にならないのは何故だろう・・・
と考えていたのですが、
その答えは簡単なものでした。

そもそも、建物の中が暖かいのでトイレも暖かい。
その為、ほとんどの場合、便座が冷たい・・・という思いをしないのです。

街中の古びれた、若干危ない感じの公衆トイレでない限り、
スキー場も家庭も、スーパーもデパートも、
どこもかしこも建物の中は暖かいのがオーストリア。

そりゃあ、便座ヒーター要らないのかな。。。

外がすごく寒くても、建物の中に入るととても暖かく、
デパートでは、ほとんどの人が上着を脱ぎ買い物を楽しんでいます。
建物の中で体が温まるので、寒〜い外にも、それほど身構えることなく出て行くことができます。


日本に帰って来て、数日後に長岡のデパートに出かける機会があったのですが、
建物の中に入った瞬間、私の理想とは裏腹に、「寒くはないけど、暖かくない・・・」。
買い物をしている人々は、建物の中なのにジャケットを脱ぐこともなくマフラーも巻いたまま・・・

結局、建物の中にいても、温かい蕎麦やラーメンを食べないと体が温まらないので、
外に出るのが嫌になってしまいます。

文化の違い、、、
考え方の違い、、、
環境の違い、、、
電気料金の違い、、、
そのほか、いろんなことの違い、、、
なのですね〜〜〜

建物に使う材質や家の作り方も違うので、しょうがない事なのですが、
スキー場では、是非建物の中は暖かくしていただきたいですね〜
そうすれば、寒〜い雪の日でも、思い切ってゲレンデに飛び出せるでしょう!!






スポンサーサイト

オーストリアの鏡の位置が高い件。。。

オーストリア
12 /01 2016
「オーストリアの」と書きましたが、
正確には私がいつも泊まっているペンションの洗面所の鏡。

私が普通に鏡の前に立つと、ギリギリで顔だけ映る高さ。
私より背が低い人は、写りませんよねぇ・・・笑

IMG_6001.jpg


でもこの鏡、もっと下につけると、
背の高いヨーロッパの殿方ははみ出てしまいますし・・・

なぜ、もっと大きな鏡にしないんだろう。

他のホテルや宿では、もう少し大きな鏡があるところが多いんだけど。


そんなわけで、
たまに背伸びしながら使う鏡、でした。

体は全く映らないので、
ボディーチェックできないのが残念です。。。笑


HAPPY HOUR

オーストリア
11 /27 2016
土曜日はお客様が入れ替わりの日。
帰国されるお客様を空港にお見送りして、
到着されるお客様を空港にお迎えに行くまでの、
束の間の一時・・・

今年は出発便が遅くなったこともあり、時間が中途半端でしたのでクライミングは却下。

久しぶりにデパートめぐりです。
これといって買うものはないのですが、
クリスマスの飾りやログハウスに飾るものを見ながら、
ブラブラと歩き回り・・・

目的も無く歩くのは非常に疲れます。

ということで、
残った夕方の時間は、いつものビアホールで時間つぶし。

IMG_5951.jpg

この時間、ハッピーアワーなので、
ただでさえ安いビールが半額。

20161127happuhour.jpg

小さいサイズ(300ml)のビールを二人で2杯づつ飲んでも、
5ユーロちょっとでした。

IMG_5953.jpg
オリジナルのビール

20161127bier.jpg
ヴァイツェンビール




今日の仕事。

オーストリア
07 /01 2016
久しぶりにドイツ語の文章を書く。




いつまでたってもなかなか上達しない文法…
いつまでたっても増えない単語数…

ま、勉強してないから当たり前か😞


このメールを書くという事は、
そろそろ来シーズンの事を考える季節です。

散歩道。

オーストリア
11 /28 2014
日曜日にお休みした甲斐もなく(疲れは取れましたが、笑)、今頃になって、鼻水鼻づまり、くしゃみに咳…と、ダラダラと風邪の症状か長続きしてます。

でも、他はいたって健康(笑)
食欲もあるし身体も痛くもだるくもない…
ただただ、鼻と喉が不快です。

こんな事なら、熱が出て、悪いものを一気に出してくれる方がいいな…と、毎回風邪をひく度に思いますが。。。


さて、今日は散歩道のご紹介。

オーストリアでは田舎の幹線道路から少し離れたところに、その道路に沿った散歩道があります。

ベビーカーをおしたお母さんや、年配の人でも安全に散歩が出来るのです。



その道をランニングに使うことも出来るので、オーストリアに来るとこの道を走ります。

毎日スキーをしていると、体が硬くなり疲れも取れにくくなるので、ランニングをして身体をほぐす為です。

途中には、子供の遊び場ですが、丸太渡りも出来るので、バランスの練習にぴったり!




今年は、秋に越後湯沢のコスモスマラソンに出るため、夏の間練習したせいか、
この道も昨年までより楽に走れるようになった気がします。

標高1,000m以上で、行きは若干登り道、日本よりも乾燥しているためか、いつもすぐに脈が上がってしまうのですが、今年は調子よく走れます!



今年、マラソン大会に参加した理由は、
一つは体力を上げるためですが、もう一つの理由は、自信を持つこと。

日々の生活で、自信をなくしたり、不安がつのったりすることってあると思いますが、
決められた距離を走り切る…
という事が、私にとって、自分に自信をもつきっかけになっているような気がします。

なので、42kmのマラソンを、途中で歩いたり座って休んだりしながらゴールする、というのは私にとってはあまり意味のないこと。

出場するなら、しっかり練習して、自分の体力に見合った距離を、最後まで諦めずに走りたい!
それが私のスタイル。

苦しいのを少し我慢して、最後まで諦めずに走り切ると、その先の景色が変わる気がします。


また、練習で走る時のこと。
私にとって、走っているときは、いろんな事を考える時間。
この時が一番冷静にいろんな事を考えられるような気がするので、あっという間に走る時間が終わってしまいます(笑)。
なので、音楽を聴いたりして、気を紛らわす必要がないので、助かります(*^^*)。


オーストリアの散歩道から、だいぶ話が逸れてしまいましたが、こんな景色のいいロケーションなら、最高のランニングコースですね!








Fumi Hase

職業:スキー教師
スクール名:GENIESS NATUR