シュプール。

スキー
05 /05 2017
滑った後に残るシュプールを見れば、その人がどんな技術で滑ったのか、おおよそ見当がつきます。

それはコブも同じ。

最近は、数名で同じラインを滑って溝コブを作る、というパターンが多く見られるようになりましたが、
出来上がったコブの形を見れば、どんな技術で滑ったのかが分かります。

口では「丸い弧」と言っていても、
出来上がったコブの形が、全てを物語っています。


丸い弧で滑るには、雪面からの抵抗を利用してターン前半から舵取りを行わないといけません。

雪面からの抵抗を利用して滑る力が生まれれば、コブの溝は1ターンずつ左右に移動して出来上がりますが、
左右のターンの溝が真下に連続して出来上がるということは、
雪面からの抵抗を利用せずいっぺんに自分の力でスキーを回すことにより、滑る力が生まれず、ターン後半にプレッシャーが集中してしまい、結果、ターン後半でしか舵取りが出来ていないということです。。。

舵取りが後半でしかされていないシュプールは、
アルペン競技で言えば第3シード、第4シードの選手のライン。
前半から舵取りができているトップの選手が、第3、第4シードの選手のラインに合わせて滑るのは逆に難しいはずです。

ターン前半から舵取りをした丸い弧で滑れば、
階段のようなコブは出来上がらないのです。


以上。

IMG_6581.jpg






スポンサーサイト

諸行無常・・・。

日常
05 /05 2017
祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす…

何かに突然変化が起きた時、
この文章を頭に浮かべてしまいます。


諸行無常・・・


な〜んて、
なんだかしみじみとしてしまいましたが、
ただ単に、
いつもオーストリアで食べに行っていたレストランが閉店してしまっただけです・・・笑。


私は、
常にそこにあると思っていたものが、突然無くなってしまった時、
ちょっとしたパニック状態になりがちなので、
いつもこの言葉を思い出して、冷静に受け止めるようにしているのです。


全てのものは、常に同じ状態で続いていくわけではありません。

自分の今の生活も、この先どう変化するかもわからない。

自分の気持ちですら、自分ではコントロールできずに、突然変わってしまう場合もあり得ます。

それも運命。
運命を変えようとするのではなく、運命を受け入れて、
それを理解して過ごしていかなければいけないな、というのが私の考えです。


それにしても、
あのレストランの閉店。
本当に残念です。
あの料理、もう食べられないのですね(泣)。



技術を学ぶこと。

スキー
05 /01 2017
「スキーは遊びです。。。楽しく滑ればそれで良いのです!!」

確かにその通り。

ですが、そこには「怪我をせずに安全に楽しめば」という言葉も隠れています。

私たちが何故、技術を高め、それを皆さんに伝えたいのか。
技術を身につけることでどんどん上達し難しい斜面を滑れるようになっていくのが楽しい、という理由も一つですが、
もう一つとても大切な理由があるのです。

それは、怪我をしない滑りを身につけること。

スキーには怪我は付き物・・・的なイメージもありますが、
アスリートなどでいつもギリギリのところでパフォーマンスしていれば確かに怪我のリスクは高まりますが、
私たち一般スキーヤーは、できれば怪我をしないで長いスキーライフを過ごしたいものです。


ゲレンデで滑っているスキーヤーを見ていると、
楽しそうに爽快に滑っていても、私たちから見ると、
何かあって転倒でもしたら大けがに繋がってしまいそうな滑り方をしているスキーヤーをよく見かけます。

特にシニア世代になっていくと、一回の怪我が、
スキー人生に終止符を打たなければならなかったり、それだけではなく普段の生活にも支障をきたしてしまう可能性もあります。


技術を高めていくことに楽しみを感じられる人もたくさんいますが、
そうではなく、練習している時間とお金があったら他の楽しみ方を選択したい、という人も大勢いると思います。

ですが、是非一度、近い将来のことを考え、
しっかりとした技術を身につける時間も作っていただきたい。
それが怪我や事故を減らし、みんなが楽しく時間を過ごせるスキーエリアになると考えています。


私たちが技術を身につけるのは、
誰かに「綺麗な滑りだね~」とか「上手い!!」
と言ってもらうためではなく、
自分が満足する滑りをするため、
そして怪我のリスクをできるだけ避けられるように安全に滑るためです。


冬の軽い雪、アイスバーン、深いパウダー、春のザラメ雪、ストップ雪、コブ、
スキー場の中でもオフピステや山岳スキーでも、
雪は自然のものですので、様々な状態に変化します。

その変化に合わせて滑れるようになることが、
スキーを安全に、そして楽しく続けていくことに繋がっていくでしょう。


IMG_6606.jpg



Fumi



満開。

日常
04 /30 2017
うちの前の桜、満開の見頃です🌸



今日は暑くなりそうですね~
スキー場も。


ワカメ。

食事
04 /28 2017
ワカメを食べすぎると、
お腹を壊す…
って、知ってました!?

凄かった…

皆様もお気をつけ下さい。


Fumi Hase

職業:スキー教師
スクール名:GENIESS NATUR