年齢を感じること。

日常
03 /21 2017
私は今年の6月で40歳になるわけですが、
そんな節目の年に感じた出来事。

その一つ目は、
相撲に興味が湧いたことです😄

今回の春場所は、新横綱の稀勢の里の活躍を期待した多くの人たちが観戦しているようなのですが、
私は稀勢の里ブームにのった訳でもなく、、、
ただ単に相撲に興味が湧いてしまったのであります。

今回の春場所2日目、
たまたま夕方に暇でテレビをつけたところ、全く面白番組がなくて、なんとなく国会中継をみて、
その後、相撲の中継へ。。。

稀勢の里が横綱になったことは知っていましたが、それだから見た訳でもなく、本当になんとな~くテレビを見ていたのですが、
見ていたら、だんだんと、
あの素晴らしい体格のお相撲さんが、
今までは別に興味もなかったのに、なぜかカッコ良く見えてきたのです。。。

しかも、
「私って、見る目あるぅ~」
と思ってしまったのは、
今まで全く知りもしなかった、高安という力士、
今現在すでに10連勝中なのですが、
2日目の取り組みの時点で、なぜかロックオン!!笑


相撲は、自分の応援する力士がいるけれども、
どんな状況であれ、両方の力士に拍手を送りたくなる、
なんだか日本人らしいスポーツですね。


若い時には全く興味が湧かなかった相撲。
私も、いい歳になったということなのでしょうね。。。


歳を感じる2つ目は、
スキー場で、家族や親戚、友人同士などでスキーを楽しむ人たちを見て、
「ああ、楽しんでるねぇ・・・」
と、しみじみ感じてしまうこと。
昔はそんなんこと感じなかったのに。。。😅


40歳とは、やはり節目なのでしょうか。。。
20代から30代になるときは、大して変化を感じることはなかったのですが。

そういえば、20歳になる頃は、
味覚の変化を感じました。
それまで嫌いだった食べ物が、なぜか美味しく感じるようになった、、、とか。

人間、20年が変化のサイクルなのでしょうか、笑。

そう思うと、
これからの20年は、
今までとはちょっと違った人生になるのかもしれませんね。


スポンサーサイト

春の予感。

日常
03 /01 2017
あっという間に3月突入。
最近の越後湯沢は、
暖かい日も多くなりましたが、冷えて雪が降ることもしばしば。
ですが、1月や2月のようにドカ雪になることはもうないでしょうね〜〜〜

季節は春へと移り変わり始めております。

今シーズン、12月は雪が少なく心配もされましたが、
1月に降り続いた雪のおかげで、春スキーシーズンも安心です。

道路の路面は雪まみれになることもなくなり、乾いた状態の日も多くなりました。
道路脇の雪壁はまだまだ高さはありますが、重みを増しています。
雪の表面が茶色くなり始めると春を感じますね〜


以前は、
この時期になると、スキー場の雪質はザラメになり、
もう良い雪で滑ることはないんだな〜〜〜😭
パウダースノー、締まったバーン、というのは短い期間しか楽しめないんだな〜〜😭
なんて、ネガティブな感情を抱いていましたが、
最近は、雪が柔らかくなりザラメ雪になり始めると、
春が来た!
という気分がして、なんだかずごくウキウキ、ワクワク🤗。

そして何よりも、
晴れた日の平日の、のんびりしたスキー場の雰囲気がたまりません!!

さらに、共に訪れるコブの季節(笑)。

春スキーが楽しくなったら、やっぱり年齢を重ねた証拠なのでしょうか・・・💦

だって、子供の頃、
春の合宿というのは、
硫安、雪 重い、雨、暑い、日に焼ける、コントレがキツイ、などなど、
不のイメージが大きく、本当に辛いことばかりでしたからね・・・

何はともあれ、
春の訪れとは、
雪国に暮らす人々にとっては嬉しいこと。
生まれてから今までずーっと雪国で暮らして来た私にとっても、
春の訪れはワクワクすることなのであります。



スキー場での安全(1)

スキー教師として伝えたいこと
02 /23 2017
皆さんは、
スキー場のゲレンデにて、
スキースクールのレッスンに参加している生徒さん達が一列に並んで立ち、先生の話を聞いたりしている光景を見たことがあるでしょうか。

何故、一列に並ぶのか。
これは何も、ただ単に整列させているわけでは無く、しっかりとした理由があります。

まず最初にお話ししたいことは、
ゲレンデで立ち止まる場合、
ゲレンデの端でゲレンデの内側を向いて立つことがとても重要です。

IMG_6369.jpg

何故なら、
ゲレンデを滑走するスキーヤー・スノーボーダー達が、バランスを崩して転倒、もしくはスピードを出しすぎてコントロール出来なくなり、自分に向かって衝突して来た場合、
ゲレンデの内側を向いているのと、逆にゲレンデに背を向けて立っているのとでは、
内側を向いているほうが、衝突してこようとしている人が視界に入りやすく、なんらかの防御を取ることができます。防御できずとも、人が突っ込んでくるのが見えただけで、体に力が入り、衝撃を少なくできる可能性があるのです。

ゲレンデに背を向けて立っていると、
突っ込んでこようとしている人が見えず、不意打ちに衝突され、その衝撃は、身構えが出来た場合よりもはるかに大きいものになり、怪我の確率も上がります。

ですので、スキー教師は自分がゲレンデの内側に立ち、
生徒さん達がゲレンデの内側を向くように立っていただく為、一列に並んでいただく場合が多いのです。

また、スクールのように数人の集団がゲレンデ内で立ち止まる場合、縦に一列に並んでいただいたほうが、他のスキーヤー・スノーボーダーの滑走の妨げになりにくいという事もあります。

しかしながら、
同じように生徒さんが一列に並んでいても、
先生がゲレンデの内側を向き、生徒さん達がゲレンデに背を向けた状態で立っている場合、
またはゲレンデの真ん中に集合している場合などは、
残念ながらスキー教師に問題があります。

IMG_6370.jpg

レッスンの流れや、斜面の形状などにより一時的に生徒さんが内側に立つシチュエーションもあり得ると思いますが、しっかりゲレンデの状況を把握し、生徒さんには早めに安全な場所に立っていただくように誘導するのがスキー教師の役目でもあります。


スクールのレッスンに限らず、
フリーでゲレンデを楽しむみなさんも、
安全を心がけて、みんなが気持ちよく楽しめるスキー場にしていきましょう。


最後に、
絵が下手くそですみません😂。



季節の移り変わり。

日常
02 /15 2017
もう2月ですね〜
と、思っていたら、
もう2月も中旬。
あっという間に2月も終わってしまいそうな勢いですねぇ。。。

冬が終わってしまうのは、スキーヤーとしては寂しいですが、
雪国に暮らす人間としては、春の訪れは嬉しいです。

春は春の楽しみがありますからね。
春、と言ってもまだまだスキーもできるし。。。

ちょっと物足りないくらいで季節が移り変わるから、
それぞれの季節を楽しもうと必死になり、
結果、楽しく過ごせるのでしょう。

ニッポンの四季とは、本当に素晴らしい。

そして、大昔から、
そんな移り変わりの激しい四季を楽しむすべを知っている日本人は、本当に素晴らしい。

いろんな「物」で溢れている現代ですが、
やはり、その季節の食べ物や景色を、味わいたい!

日本の冬は、大根と白菜・・・(笑)

その季節に出回る日本の食材を楽しもう!!

そうやって、健康は保たれるのです。。。


きっと。




食。

食事
02 /13 2017
以前から、
スーパーの安いひき肉は何が入ってるかわからないよ、、、
と、ある人から言われてはいたのですが、
安さに負けて買っていました。。。

しかしっ、
去年の夏、
とある「肉が安い」とうスーパーでひき肉を購入し、
家でパックを開けてみると、
なんか、
肉じゃない部分みたいなものが・・・

若干粗挽きだったのか、
ちょっと気持ち悪い感じで・・・

そんな先入概念で食べた為、肉の臭みが気になって気になって。。。

私は、わりと肉の「臭み」というのは気にならないタイプで、
鹿肉や羊肉などの獣肉を食べても大して臭みを感じずに食べる方なのですが、
その時のひき肉の臭みはちょっと気になりずぎて。
しかも、妙に油っぽい・・・

それからというもの、
スーパーのひき肉恐怖症。

ちゃんとした肉屋さんで買えば良いのでしょうが、
肉に対してこだわりのない私は、100グラム=100円が基準でありまして、
いかに100円以下のものを見つけるか、、、というところが大事な訳で。

ということで、
ひき肉を使いたい時は、
こま切れ肉や切り落としなどの安い肉を、
自分で包丁でたたいてひき肉にしております。

フードプロセッサーとか使えば?
と思うかもしれませんが、
フードプロセッサーを持っていないのと、
持っていたとしても洗うのが面倒でできれば使いたくない、、、
ので、包丁でたたいております、笑

でも逆に、粗挽きな感じの出来上がりとなり、
美味しくいただいております。

IMG_6341.jpg

Fumi Hase

職業:スキー教師
スクール名:GENIESS NATUR