FC2ブログ

クリスマスの飾り

日常
12 /12 2018
もうすぐクリスマスですね~🎄

毎年ウキウキしてツリーを飾ったりしてるのですが、今年は何故か、気分が乗らず、まだな~んにも手をつけてません…😣😣😣

この時期は、
ヨーロッパでは、Advent(アドベント)といって、
クリスマスの日を心待ちにして様々なイベントを楽しむ期間なのに…


その要因の一つは、
数年前に安物買いしたツリーが気に食わなくて、
そろそろ嫌気がさしてきた…こと😤

田舎に住んでると、
近場でツリーを品定めに行ける場所もなく、
しかも11月はいつもオーストリア、
帰ってくるといきなりシーズンインしてしまい、遠くへ見にいく時間がない…🤣


やっぱり実物見て買いたいから、ネット通販ではちょっとね…


ツリーに飾る小物は、オーストリアで購入してきたお気に入りばかりなのに、
その土台となるツリーが気にくわない😤😤😤



でも、安心してください。
スクールのクリスマスパーティー用のプレゼントなどは、ちゃ~んと手配済みですので🎁


当日までには、ツリーを飾るモチベーションも上げて、
毎年恒例のクリスマスツリークッキーも頑張って作りまたいと思います💨



スポンサーサイト

オーストリアからの戦利品?

オーストリア
12 /09 2018
皆さま、お久しぶりでございます。。。

オーストリア後半、ブログをサボっている間に、
あっという間に滞在期間も終わり、日本へ帰ってきております。


今回、オーストリアから持ち帰ってきた、人へのお土産以外のものをご紹介いたします〜〜〜

IMG_0752.jpg

右から(上→下)、、、

・チロル州スキー教師協会が販売している、レトロ風ニット帽(たまに使用するのとログハウス飾り用に2つ購入)
・ビアホールがやっているクリスマスマーケットのグリューワインのカップ(お金を払うともらえます)
・フルーツティー(クリスマスとウィンターバーション)
・スープ(滞在中に食べ残したインスタント)
・グラーシュのソースの素(グラーシュ=ハンガリー風牛肉のシチュー)
・シュナップス2本(宿のご主人からの頂き物)
・ソーセージ用のマスタード
・知り合いの家の自家製蜂蜜
・西洋ワサビ
・イェーガーマイスター(ハーブから作られたシュナップスの小瓶9本入り。飾りにもできるので。)
・保温のポット(昨年購入したポットと同じデザインで、サイズが小さいものが欲しかったので。)


IMG_0753.jpg


・チロル州のマーク(大・小)・・・週末に開かれるインスブルックの骨董市みないなところで一目惚れ。


その他、カーテン生地を追加で購入しました。これは今使っているカーテンと同じ柄なので省略です。




ログハウスを立ててから毎年、オーストリアから色んなものを買ってきているのですが、
ログハウスの飾り物も、だいぶ増えてきたので買うものも少なくなりましたね。。。





サラダと鶏胸肉。

オーストリア
11 /21 2018
それだけ聞くと、アスリートの食事のようですが、
オーストリアのレストランにはこのようなメニューがあります。



ちなみに、料理名は「フィットネス サラダ」…

サラダと、焼いた鶏胸肉…以上。

基本的にはサラダのメニューの一つなのですが、メインとして頼んでもOK!

別にダイエットしてるわけでは無いんですけど、
3週間もお客さんとレストラン巡りしていると、胃が疲れてくる事もあるので、そんな時、私が逃げるメニューの一つ。

でも、サラダの量、半端ないですけどね…笑



ジーパン、破ける…

オーストリア
11 /20 2018
なんの前触れもなく、
突然破れたジーパン…😱

自分の部屋で椅子に座っている時だったので(たぶん…)、恥はさらして無いはずですが😓


わたし、そんなにお尻こすりつけたつもりないですけど…
骨でも出てるのか…🙄


びっくりです‼️






インスブルックで中国の人に話しかけられる件。

オーストリア
11 /18 2018
オーストリア インスブルックの街にも、沢山の中国人の皆さんが観光に来ています。

そこで、たまにお店などで、
中国の方から話しかけられる事があるのです。

しかも、一回ではなく何度か経験済み。

なぜ声をかけられるのか、というと、
たぶん、お店の店員さんに話が通じなくって、私に通訳してくれ…的な…😰

いや、私日本人ですけど…💧

中国の方って、日本人と違って、
こちらに伺いを立てる事なく、いきなりしゃべってくるので、ちょっとびっくり‼️します。
日本人ならきっと、「日本の方ですか…?」とか、一応前置きありますよね…。

おんなじ顔つきならみんな中国人と思っているのか、取り敢えず聞いてみよっ!!ってノリなのかわかりませんが😅

中国語どころか、私は英語もイマイチなので、
最後の手段で「I am Japanese!」とか言って、しのぐわけです…

それでも、「あ、すみません」的な事もなく、無表情なので、(たぶん悪気は無いと思いますが)
結局、お店の店員さんと私は顔を見合わせて苦笑い…笑笑


おんなじ顔してるのに、大きな文化の違いを感じる出来事の一つです。







Fumi Hase

職業:スキー教師
スクール名:GENIESS NATUR